医師

目頭切開をするならクリニックは慎重に行なおう

目を大きくする為に

注射

目頭を手術する流れ

大きな目元というのは魅力的ですし、誰もが憧れています。目元に自信が持てるとメイクもおしゃれも楽しめて、人の目を見て話す事が出来るので人付き合いも上手く行くなどのメリットがあります。目元に自信のない人は目元の整形手術を受けて魅力的な目元を手に入れるという方法もあるので、覚えておくと良いでしょう。目元の手術で人気なのは目頭切開手術です。手術の流れは、まずカウンセリングから始まります。クリニックに電話やホームページからカウンセリングの予約をして、クリニックに行きます。初回カウンセリングが無料というクリニックもあるので、複数個所のクリニックでカウンセリングを受けて手術するクリニックを決めるのも良いでしょう。カウンセリングではどんな目元になるのが理想なのか、どんな目頭にしたいのかを話したりシミュレーションを行ったりします。手術を担当する医師がカウンセリングをしてくれる事がほとんどです。ここではイメージを正確に伝える事、見本にしたい写真があれば持参をする事が大切です。そして理想の目頭が決まったら目頭切開の手術をします。最初に麻酔のクリームを目元に塗り、手術の痛みを感じないようにします。そして目頭のデザインをペンで目頭に印をつけて実際に目頭切開する場所を医師が伝えてくれます。そしてそのデザインで問題なければ目頭切開の手術を開始し、途中あまりにも痛い場合には麻酔を追加するなどして1時間もしないうちに手術は完了します。手術の後は腫れや痛みを感じやすいので、10分程度アイシングと言って手術部分を冷やしておき、そのアイシングが終わったらそのまま帰宅する事が出来ます。冷やした後も目の腫れが気になってしまう場合にはサングラスや帽子などで目元が分かりにくいようにして帰宅すると良いでしょう。また、目頭切開の手術当日は目元を避けて洗顔やクレンジングなどを行うように注意をしましょう。